So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

【無人島最終日】Charlie Haden & Pat Metheny "Beyond The Missouri Sky" [CD]

Beyond The Missouri Sky (Short Stories)

Beyond The Missouri Sky (Short Stories)

  • アーティスト: Charlie Haden & Pat Metheny
  • 出版社/メーカー: Verve
  • 発売日: 1997/02/25
  • メディア: CD


40日目。突然ですが、今回でこのブログの更新が終了になります。4月末にはページ自体が見れなくなります。えーっ!そんなー!やめないでー!ってエールが耳鳴りのように聞こえますが、ただの耳鳴りかもしれません。今回の終了はボクの意思ではなくて、このブログを運営されているオトコ30代「Direction」の改編にあたる決定なので、ごめんな、みんな。キャー!ハチさーん!ってこれも耳鳴り?「無人島に持っていく100冊の本と1000枚のCD」ってタイトルなのに、結局40枚しか紹介できなかったぜ。だからよ、今日は最後にとっておきの、マジで無人島に持っていく1枚のCDってのを、みんなに紹介してえのさ。キャー!しびれちゃうー!好き好きー!結婚してー!って、絶対耳鳴りだな、これは。

続きを読む


nice!(1) 

【無人島39日目】Matt Costa "Songs We Sing" [CD]

Songs We Sing (Dig)

Songs We Sing (Dig)

  • アーティスト: Matt Costa
  • 出版社/メーカー: Brushfire Records
  • 発売日: 2006/03/28
  • メディア: CD



39日目。某ソーシャルネットワーキングサイトで、交友関係のハシゴをしていたら偶然見つけた「Kさん」。プロフィールや日記なんかを読む限り、音楽や本の趣味がボクとぴったしカンカンなので、うれしはずかしなメッセージのやりとりなんかを経て、今やすっかり仲良しになりました。こういう関係をなんていうんでしょう? 友達? 会ったことねえしな。知り合い? 本名すら知らんしな。とは言っても、「2ちゃんねる」の住人ほどの匿名性があるわけでもない。メル友? ペンパル? バーチャル・フレンド? SNSが作り出したこの微妙な人間関係に、なんか納得のいく名前はないもんなんでしょうか?

続きを読む


nice!(1) 

【無人島38日目】元ちとせ "春のかたみ" [CD]

春のかたみ

春のかたみ

  • アーティスト: 元ちとせ, 松任谷由実, 松任谷正隆, HUSSY_R, 間宮工, Mark Edward Cascian Nevin
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 2006/03/08
  • メディア: CD


38日目。糸井重里氏が運営する「ほぼ日刊イトイ新聞」で、「ほぼ日桜前線2006」ってのがやってます。Googleマップと読者投稿を合わせて、全国の桜開花状況を見れるっていう企画なんですが、これが実によくできてるんですな。自分の家や職場の近くはもちろん、北海道から沖縄まで、今現在どこの桜がいい感じに咲いているかを、読者のコメント付きで読めます。おかげでボクは今日会社にいながら、全国の桜を堪能しましたよ。ヘッドフォンでこの曲をエンドレスリピートしながら。え? 仕事? なにそれ? え? なんのこと?

続きを読む


nice!(0) 

【無人島37日目】Ray Charles "Genius Loves Company" [CD]

Genius Loves Company

Genius Loves Company

  • アーティスト: Ray Charles
  • 出版社/メーカー: Concord/Hear Music
  • 発売日: 2004/09/14
  • メディア: CD


37日目。昨日のWBC。勝ちましたねー、王ジャパン。やっぱり勝因はチームワークでしょうか?テレビで観てるだけでも、チーム全員がものすごく仲がいいのがわかりましたもんね。イチローも松坂も「うれしいけど、終わってしまってチームメイトと離れるのがさみしい」ってコメントしてました。ひとりぼっちでがんばんなきゃいけない、孤独な時間は長いのに、親しい仲間との楽しい時間は、いつでもあっと言う間に過ぎてしまう。でもだからこそ、ボクたちはがんばるんすよね? 友と過ごすよろこびの時間。プライスレス。つうことで、今日はこのCDを。

続きを読む


nice!(0) 

【無人島36日目】野狐禅 "鈍色の青春" [CD]

鈍色の青春     (CCCD)

鈍色の青春 (CCCD)

  • アーティスト: 野狐禅, 竹原ピストル, GENTA, 濱埜宏哉
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2003/12/03
  • メディア: CD


36日目。トリノ・オリンピックに出場したスピードスケートの加藤条治くんが、自身のブログで、こんな日記を書いていました。そのまま引用します。

荒川選手がスマスマでてたっけ。

いーなー。とか、俺も金とってたらなーとか考えて。

そしてなぜか俺は腕立てをしました(笑)

あ、なるほど!

悔しい思いをした人はこーやって強くなっていくのか!
たぶん。

そんなスマスマに出たいんかい!ってツッコミ方もありますが、いやいや、いいやっちゃなあと思った。メダル、取れなくてよかったじゃん。代わりに、もっと強くなれんだからさ。そんな加藤くんに捧ぐ歌として、今日はこのCDを。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(3) 

【無人島35日目】Corinne Bailey Rae "Corinne Bailey Rae" [CD]

Corinne Bailey Rae

Corinne Bailey Rae

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI Int'l
  • 発売日: 2006/03/07
  • メディア: CD

35日目。器用な人っていいなあ、てな話をしましたが、それであんたルックスなんかも伴っちゃうと、もうダメ、全然勝ち目ないっすね。そういう相手をみると、けっ、ズルいんだよお前!なんて、ぐだぐだにクダを巻いてしまう、体も中身もチンクリなボク。例えば最近だとジョージ・クルーニーとかね。ありえねえだろ、あんな二枚目で仕事もできて、しかもいい人だなんて。あと、トム・フォードとかな。なにモンじゃい!オレだって肩書きだけでいえば、お前と一緒じゃ!それ以外はなにひっとつ被ってないけどなっ!ったくよ。オヤジ!酒だ、酒!グビグビ。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(3) 

【無人島34日目】劇団ひとり「陰日向に咲く」 [BOOK]

陰日向に咲く

陰日向に咲く

  • 作者: 劇団ひとり
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: 単行本


34日目。前回、ボクの仕事の話を少し書きましたが、もし今の職業についてなかったら、何をしてたんだろう?なんて時々考えます。ごく短い期間、営業職ってのについてましたが、恐ろしく向いてなかったなあ。いやマジ、あれはヤバかった。オレだってあんな後ろ向きの営業マンからモノ買いたくないもの。音楽は大好きだけど、楽器もできねえしミュージシャンにはなれんね。物書きはちょっと憧れるけど、長編小説とかは無理な気がする。絶対途中で辻褄合わなくなって、原稿破るな。うーん、オレってキャパ狭いかも。なんでもこなせる器用な人ってのに、憧れます。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(3) 

【無人島33日目】Nate James "Set The Tone" [CD]

セット・ザ・トーン

セット・ザ・トーン

  • アーティスト: ネイト・ジェームス, カーメン・リース
  • 出版社/メーカー: 東芝EMI
  • 発売日: 2006/02/08
  • メディア: CD


33日目。実はボク、デザイナーなんです。実は、って別に隠してたワケじゃないすけど。で、つい最近気づいたんですが、デザインを生業にするようになって、今年でちょうど10年なんですよね。パンパカパーン。10周年。すごいじゃん。ベテランじゃん、オレ。しかしねえ、どうなの?この程度のレベルで、「オレってベテラン」とか言ってられるワケ?なんか人のモノマネみたいなのばっか作ってない?クライアントに言われるがままにどんどん直しちゃってない?キミにはキミのデザインってものはあるのかね?イテテテ。軽く自問自答してたら、自分で自分の急所を突いてしまった。あー痛かった。

続きを読む


nice!(1)  トラックバック(2) 

【無人島32日目】島本理生「ナラタージュ」 [BOOK]

ナラタージュ

ナラタージュ

  • 作者: 島本 理生
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2005/02/28
  • メディア: 単行本


32日目。昨日から中くんの歌をエンドレスリピートで激しくヘビローしてたら、なんとなく若かりしころにしていた、カルピス系な恋なんぞを思い出してみたり。好きで好きで、苦しくて苦しくて、相手の一言に激しく落ち込んでみたり、逆に異常にハイになってみたりと大忙しだったあの日々。あんなに恋に没頭できたのは、若かったからなんでしょうか?それともヒマだったからなんでしょうか?はたまたバカだったからなんでしょうか?まあまあ、この本でも読んで、あの頃の気持ちを回想してみましょうや。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(1) 

【無人島31日目】中孝介 "それぞれに" [CD]

それぞれに

それぞれに

  • アーティスト: 中孝介, 江崎とし子, 羽毛田丈史, 小林夏海, いしわたり淳治, 藤本和則, 岸田繁
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 2006/03/01
  • メディア: CD

31日目。あっという間に3月。この無人島にも、もう春はそこまできています。「春はお別れの〜季節です〜みんな旅立って〜いくんです〜」とか「春なのに〜お別れですか〜?春なのに〜涙〜がこぼれます〜」とか、春ってのは日本人には別れと出会いの狭間にゆれる、センシティブかつセンチメンタルな季節ってことになってますが、そのメインはやっぱ学生さんなワケで、さすがにオトコ30代も半ばを過ぎると、「そうだったけか?」くらいの淡いかすかな記憶しか残ってなくて、どうにもこうにもすっかりオヤジ臭ぷんぷんの鈍重な自分に気づいたりします。いかんですな。この曲を聴いて、あの瑞々しいエモーションを取り戻そうではないですか。頼むよ、中くん。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(4) 

【無人島30日目】the band apart "quake and brook" [CD]

quake and brook

quake and brook

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2005/05/11
  • メディア: CD


30日目。無人島に来て1ヶ月が経ちました。この飽きっぽいボクが結構続けて書けてるんで、自分でも楽しいんだろうなあと思います。このブログを書き始めてよかったと思うのは、1枚のCD、1冊の本をじっくり吟味するようになったところですね。書き始める前にやっぱり聴き直したり読み直したりしてると、「つまりあなたはこういうところが好きなワケですね?」なんて、ボクの中のなぜなぜドクターが分析してくれるんですね。そうすると今まであんまカテゴライズできなかった自分の嗜好のクセみたいのが、分かってきたりこなかったり。例えばこいつらなんて、全然オレのストライクゾーンじゃないのに、なんとなく好きなんですね。なんでだ?なぜなぜドクター。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(1) 

【無人島29日目】Bump Of Chicken "supernova" [CD]

supernova / カルマ

supernova / カルマ

  • アーティスト: BUMP OF CHICKEN, 藤原基央
  • 出版社/メーカー: トイズファクトリー
  • 発売日: 2005/11/23
  • メディア: CD


29日目。たまにモノすごくハマる歌ってのがあります。もうi-Tunesのデータがすり切れるんじゃねえか?ってくらい、エンドレスモードで聴き返す歌ってのが。最近だとアリシア・キーズの「Ain't Got You」とか、ウルフルズの「サムライソウル」とか、聴きすぎてもうおなかいっぱいになっちゃうくらい聴き倒しましたっけ。そんで、久しぶりにそんな歌に出会いました。それがコレ。

続きを読む


【無人島28日目】Nujabes "Modal Soul" [CD]

Modal Soul-2nd Chapter Of Metaphorical Music=

Modal Soul-2nd Chapter Of Metaphorical Music=

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2005/11/11
  • メディア: CD


28日目。今日からこのブログのサイドバーに「音ログ」なるものをつけてみました。これはなんなんかというと、i-Tunesとリンクされておりまして、ボクが今日1日i-Tunesで聴いた音楽のリストが、自動的にこの「音ログ」の画面に現れるワケなのです。つまりこの小さなFlashの画面にあるジャケットは、すべて今日ボクが聴いていたアルバムってこと。スゴクね?スゴクね?そんで、「音ログ」のマイページを開くと、その一覧が出てきて今日自分と同じ曲を聴いていた人のリストが出てくるんですわ。スゴクね?スゴクね?世の中は動いてますね。しかも結構なピッチで。一緒に走らねば置いていかれる予感と不安。やべ〜足遅いんだよな、オレ。

続きを読む


【無人島27日目】Denison Witmer "Are You A Dreamer?" [CD]

Are You a Dreamer?

Are You a Dreamer?

  • アーティスト: Denison Witmer
  • 出版社/メーカー: Militia
  • 発売日: 2005/07/26
  • メディア: CD


27日目。待ち合わせの時間つぶしにフラリ立ち寄ったHMV。「今日はなにも買わんよ。寄っただけ。買うわけがない。」などとブツブツつぶやきながら店内をブラブラしておりますと、不思議なことに一周するころには両手に5枚ものCDが握られておるではないですか! HMVには魔物が棲んでおりますな。して、操られるがごとくレジまで行きますと、悪魔の手先であるレジの兄ちゃんが耳元で「旦那旦那、もう一枚輸入CDをご購入されるとさらに15%引きできますけど、どうなさいます?」。ああん、悪魔め。内心はいかんいかんと叫んでいるのに、手にはいつもの間にか6枚目のCDが〜。

続きを読む


【無人島26日目】John Regend "Get Lifted" [CD]

Get Lifted

Get Lifted

  • アーティスト: John Legend
  • 出版社/メーカー: Sony Urban Music/Columbia
  • 発売日: 2004/12/28
  • メディア: CD


26日目。今日はアメリカでグラミー賞が発表されました。5日目に紹介した蟹江さんはラップ部門で最優秀アルバムを獲得、21日目に紹介したマライアは、主要部門は穫れなかったものの堂々の3冠をゲット。よかったねーマライア!「ねえ〜今日はお祝いだから、ミミ、お風呂はドンペリで湧かしたいな〜。いいでしょ〜?」「もちろんさー!(ポーン!ドボドボドボ)」なんて会話が交わされるんでしょうか? 誰とやねん。つか、ほっとけ。それよりも、見事3冠に輝いたこの人のアルバムをご紹介しましょう。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(1) 

【無人島25日目】町田康「告白」 [BOOK]

告白

告白

  • 作者: 町田 康
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2005/03/25
  • メディア: 単行本


25日目。さて久しぶりに長い小説にでも取り組んでみましょうか。ボクは短編小説が連れて行ってくれる小旅行的なマインドトリップも大好きなのですが、著者の思考の海にどんぶらこ漕ぎ出し、何日もかけてフロンティアを目指す船旅のような長編小説も大好きです。さて今回乗り込んだのは、「町田康」丸。初めて乗る船でしたが、なかなかタフな旅になりました。

続きを読む


【無人島24日目】Arctic Monkeys "Whatever People Say I Am, That's What I'm Not" [CD]

Whatever People Say I Am...

Whatever People Say I Am...

  • アーティスト: Arctic Monkeys
  • 出版社/メーカー: Domino
  • 発売日: 2006/01/30
  • メディア: CD


24日目。東子と裕子に挟まれて愛の歌を耳元で聴かされていたら、さすがにもう食傷気味。「愛だの恋だの、いつまでもうるせえんだよ!お前ら!」なんて逆ギレし、「私の気持ち分かるって言ったじゃない!ウソツキッ!」なんてなじられ、無人島の家を飛び出しました。チェッ、まったく女ってやつはよぉ。やっぱオトコ30代は無骨なロックンロールだぜ。な!?

続きを読む


【無人島23日目】安藤裕子 "Merry Andrew" [CD]

Merry Andrew

Merry Andrew

  • アーティスト: 安藤裕子, 山本隆二
  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2006/01/25
  • メディア: CD


無人島で古内東子なんぞのラブソングをひとりで聴いていたら、すっかり気分は乙女になってしまい、「東子〜わかる〜」なんて共感したりして、「もっとこういうのないかしらーん」ってCDの山を漁っておりますと、いましたいました。東子よりも10倍は濃いい感じのこの人が。

続きを読む


【無人島22日目】古内東子 "CASHMERE MUSIC" [CD]

CASHMERE MUSIC

CASHMERE MUSIC

  • アーティスト: 古内東子, 森俊之, 河野伸, 山本隆ニ
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2005/11/30
  • メディア: CD


22日目。今年の冬は寒いですねー。3日前に降った東京の雪は、凍ったままアスファルトにへばりつき、頑固なホームレスのようにじっと動きません。窓の外ではびゅーびゅーと、屋根に残った雪を散らしながら北風が暴れています。外出たくねー。「寒すぎ」って理由で会社休めんかね?「いいですよ。つか、もう来なくていいですから」とか、冷静に言われんだろうな。しょうがねえ、行くか。せめて耳当て代わりにでっかいヘッドフォンつけて、冬っぽい音楽でも聴きながら行こ。

続きを読む


【無人島21日目】Mariah Carey "The Emancipation Of Mimi" [CD]

The Emancipation of Mimi

The Emancipation of Mimi

  • アーティスト: Mariah Carey
  • 出版社/メーカー: Island
  • 発売日: 2005/04/12
  • メディア: CD


21日目。最近このブログを見てくれてる友人から「チョイスが渋過ぎちゃう?」とのコメントをもらいました。やっぱそうすかね?ホントはもっともっと渋チンなやつを紹介したいんですが、マイナー過ぎてAmazonで取り扱ってなかったりするんすよねえ。でも人様からのご意見は粛々と受け止めたいと思いますんで、さっそく今日はメジャーどころでいきたいと思います。ドーン!これでどうだ!文句ねえだろ〜!

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(2) 

【無人島20日目】よしもとばなな「みずうみ」 [BOOK]

みずうみ

みずうみ

  • 作者: よしもと ばなな
  • 出版社/メーカー: フォイル
  • 発売日: 2005/12
  • メディア: 単行本


20日目。翌朝、きれいに晴れた空を見上げつつ、ボクは森の奥へ入って行きました。けもの道をつたい、のんびり歩いて行くと、突然森が開けてそこに美しいみずうみがありました。しんと静まりかえった水面は、まるで空を映すための鏡のように、ただ黙って静かに横たわっています。水辺に腰を下ろし、ボクはこの本を読み始めました。

続きを読む


【無人島19日目】Jimmy Scott "Holding Back the Years"

Holding Back the Years

Holding Back the Years

  • アーティスト: Jimmy Scott
  • 出版社/メーカー: Artists Only
  • 発売日: 1998/10/06
  • メディア: CD


19日目。厳しくも気持ちいい冬の無人島に夜の帳が降りました。冬の空は空気が澄んでいて、星がキラキラと瞬いて見えます。真っ暗な浜辺に、モコモコな格好で体育座りして、首を痛くなるほど90度に上げて満天の星空を見つめます。孤独でいることは、寂しいことではないです。だって、あの星もこの星もみんなひとりぽっちなのに、キラキラしてるんだもの。そんなことを考えながら、本物の孤独の中に生きたこの人の歌を聴きました。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(2) 

【無人島18日目】Damien Rice "O" [CD]

O(オー)

O(オー)

  • アーティスト: ダミアン・ライス
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2005/04/13
  • メディア: CD


18日目。冬です。無人島の誰もいないビーチを、冷たい北風が足並みの揃った行進みたい通り過ぎていきます。マフラーをぐるぐるに巻いて外に出ると、海から流れくる寒気がその冷たい腕でボクの体を包み込みます。犬みたいにブルブル震えるボクの耳元に聴こえるのは、かすかなメロディー。か細く、かすれていて、でも確かに聴こえるシンプルな歌。それは寒気流に乗って北の国から運ばれてきた、この人の歌でした。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(2) 

【無人島17日目】Soil & "Pimp" Sessions "Summer Goddess" [CD]

Summer Goddess

Summer Goddess

  • アーティスト: SOIL&“PIMP”SESSIONS
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2005/07/21
  • メディア: CD


17日目。無人島で雑煮食ったり、ポン酒飲んだりしてゴロゴロしてましたが、そろそろお正月気分から抜け出して、いろいろやらねばですな。すっかりたるんでしまったお腹と心を引き締めるために、ちょっとガツン!とした音楽でも聴いて、発破かけてもらいましょう。よろしくな、社長!

続きを読む


【無人島16日目】アーサー・ゴールデン「さゆり」 [BOOK]

さゆり〈上〉

さゆり〈上〉

  • 作者: アーサー ゴールデン
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2004/12
  • メディア: 文庫


16日目。明けました。おめでとうございます。今年もです。しかしお正月ってどーしてこんなにヒマなんでしょうね? テレビもつまらんし店も閉まってるし、観たいDVDは全部レンタル中だし。しょうがねえから、ちょっと長めの本でも読みましょうか。上下巻くらいのやつで、面白いのはないかな? お。これこれ。最近映画化で話題になりました。めもりーずおぶあげいしゃ。

続きを読む


【無人島15日目】Jamie Cullum "Twentysomething" [CD]

Twentysomething

Twentysomething

  • アーティスト: Jamie Cullum
  • 出版社/メーカー: Universal Classics & Jazz
  • 発売日: 2003/12/30
  • メディア: CD


15日目。無人島にも大晦日がやってきました。オトコ30代にもなると、毎年毎年「1年」って短くなっていきますね。いつも年頭にはなにかしら「今年はコレをやるべ!」みたいなもんがあるんですけど、1年が短すぎて結局なにもしないうちに終わっちゃいます。マジ、このままジイサンになっちゃったらどうすんべ、オレ? そんなヘタレな自分を奮い立たせるために、この曲を聴いて今年を締めくくりましょう。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(1) 

【無人島14日目】James Blunt "Back to Bedlam" [CD]

Back to Bedlam

Back to Bedlam

  • アーティスト: James Blunt
  • 出版社/メーカー: Atlantic
  • 発売日: 2005/06/13
  • メディア: CD


14日目。今年もあと2日。「クリスマス」なんて正直どーでもいいんですけど、「歳末」てのはどうもバタバタしますね。つか、したくなるんでしょうね。これは日本人のDNAに組み込まれた「バタバタモード」みたいなやつが作動するからですか? 知らんですね、そんなこと。スンマセン。とにかく、今年中に紹介しておきたいCDが山ほどあるんす。まず1枚目がコレ。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(5) 

【無人島13日目】斎藤隆介/滝平二郎「モチモチの木」 [BOOK]

モチモチの木

モチモチの木

  • 作者: 滝平 二郎, 斎藤 隆介
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 2002/04
  • メディア: 大型本


13日目。もうすっかり年の瀬。ここは夢の無人島なので、ちょっと気分出してほしいなぁなんて思ったりすると、うまい具合に雪がチラチラと降ってきたりします。カチカチに凍てついたガラス窓の向こう、葉を落とした大きな木が、まるで寒さを厭わない強靭な老人のように佇んでいます。こんな風景をいつか見たことがあるな。そう、ずいぶん昔に何度も繰り返し見た景色なんです。

続きを読む


【無人島12日目】Diana Krall "Christmas Songs" [CD]

Christmas Songs

Christmas Songs

  • アーティスト: Diana Krall, Clayton-Hamilton Jazz Orchestra
  • 出版社/メーカー: Verve
  • 発売日: 2005/11/01
  • メディア: CD


12日目。引き続き、無人島でひとりクリスマス・ミュージックを漁ります。大丈夫か?さみしくねえか?オレ?……ま、こんな時こそ、とびきり陽気なクリスマス・アルバムでも聴いちゃうか? 2枚目はコレ。これも獲れたての上物ですぜ〜、旦那。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

【無人島11日目】Anita Baker "Christmas Fantasy" [CD]

Christmas Fantasy

Christmas Fantasy

  • アーティスト: Anita Baker
  • 出版社/メーカー: Blue Note
  • 発売日: 2005/10/04
  • メディア: CD


11日目。世間ではすっかりクリスマスなんですねえ。常夏の無人島で波乗りなんかして浮かれているので、ホワイト・クリスマスよりはブルー・ハワイって気分ですが、まあ季節モンですからね。聴いておきましょうね、クリスマスっぽい音楽。つか、今年はいいやつが入ってきてますぜ〜、旦那。まず1枚目はこれ。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(1) 
前の30件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。