So-net無料ブログ作成

【無人島17日目】Soil & "Pimp" Sessions "Summer Goddess" [CD]

Summer Goddess

Summer Goddess

  • アーティスト: SOIL&“PIMP”SESSIONS
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2005/07/21
  • メディア: CD


17日目。無人島で雑煮食ったり、ポン酒飲んだりしてゴロゴロしてましたが、そろそろお正月気分から抜け出して、いろいろやらねばですな。すっかりたるんでしまったお腹と心を引き締めるために、ちょっとガツン!とした音楽でも聴いて、発破かけてもらいましょう。よろしくな、社長!

Soil & "Pimp" Sessions。日本語にすると、「粉塵と伊達男の集い」って感じでしょうか。2001年に結成、ストリートやライブで人気を高め、2003年CDデビューもしていないのにフジロックに出てしまったという強者ジャズ・バンドです。彼らの音楽につけられた呼び名が「爆音ジャズ」。そのスピード感のあるパンキッシュな音は海外でも評価が高く、イギリスのBBCラジオで彼らの特集が組まれたほど。一昨年の朝霧では袖で観ていたロス・ロボスが気に入って自分たちのステージに彼らを引っぱり上げたという逸話も残っています。

面白いのはその編成で、6人いるのですが、サックス、ペット、ドラム、ウッドベース、ピアノ、ともう一人「社長」ってのがいます。この「社長」は何をしてるかというと、MCと掛け声とマラカスとダンスってところでしょうか。ボクは昨年の秋に初めて彼らのライブを観ましたが、「社長」にぐっさり釘付けでした。でっかい体を黒いダブルのスールで包み、ボルサリーノをかぶったヒゲモジャの「社長」は、他の5人が演奏している間、ずーっとダンス。たまに拡声器を持ち出し「ガーーーッ」って叫んでみたり、意味不明な言語でスキャットをかませてみたりと大暴れ。

ライブを観るまでは「この人は何してる人?」と思ってましたが、分かりました。この人、「指揮者」なんですね。それも各楽器の音を統率するのではなく、演奏側と観客側の間を取り持つ指揮者なんです。バンドの出す音に一番に反応して、誰よりもノリノリになり、その盛り上がりを観客側に伝染させていく、いわば煽動者の役。おかげでライブ会場は、ヒップホップのライブかよ!ってくらいみんな踊り狂ってました。ステージ上でその誰よりも汗だくになって踊りまくる「社長」は、楽器やってないからミュージシャンとは呼べないかも知れませんが、明らかに超一流のエンターテイナーでした。

もちろん他の5人の演奏も素晴らしく、特にピアノは傑出です。CDもいいけど、ぜひ一度ライブで生の「爆音」を体感してほしいです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

たか//

観てませんが気になっていました。
良さそうですね〜!
by たか// (2006-01-08 11:08) 

ハチ

たか//さん、ご無沙汰です。
いいんですよ。今度ライブ行きましょう!
by ハチ (2006-01-08 17:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。